住宅を考えるとき郊外で都市型?

郊外での平屋の勧め
宅地開発も含めた流れ
環境がいい場所に暮らしたい
郊外に住みたい
今、家づくりを考えている人
お気軽にお電話でご連絡ください
059-392-7672 059-392-7672
受付時間:10:00~17:00
Check
郊外での住宅を考えるとき
Point
1

お金の定着

土地や建物、サービスの経済的活用が少ない郊外では長いスパンで考えたお金の使い方を考えないといけない。

Point
2

物の定着

お金はモノやことの可能性を保証してくれる流通財であるので、お金を使ってサーバーを考えたサービスや実際のモノを購入したり、つくり上げたりして郊外に定着させる。

Point
3

持ち主の専有面積

ここでは人の動きを保障してくれる部分とする。

都市型住宅と郊外型平屋の違い

  • REASON
    01

    日本の一般的な住宅

    (都市型?)

    グリーンの部分(屋根、床、土地)を持ち主の専有部分で表記。60坪の土地に30坪の住宅を建てる想定。15+15+15=45坪で建設投資(モノの定着)、宅地開発を行った60坪の場所投資(モノの定着とはまた別次元)で105坪の人の動きを保障してくれるテリトリーをつくったかたち。

    都市0001
  • REASON
    02

    郊外での平屋

    お薦め

    土地は持っていると仮定。15+15=30坪の床面積で30坪分の屋根が必要。60坪で建設投資(モノの定着)。

    郊外0001
  • REASON
    03

    まとめ

    違い

    一般的な住宅(2階建)で屋根を少なくして30坪の住宅を建てたケースと平屋で建てたケースでは屋根部分の15坪分のお金は、定着せず他の活用に回ってどこかへ流れている。都市型?の住宅では整備分の費用が含まれた土地も合わせると45+60=105坪。郊外型平屋だと60坪の財産の定着になっている。

    ”固定化した住まいではない外部空間も生かした家を考えてる人は郊外型平屋をお奨めします”

お気軽にお電話でご連絡ください
059-392-7672 059-392-7672
受付時間:10:00~17:00
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事