省 エ ネ 時 代 !

夏 の 冷 房
自然との同調 高杉アトリエ一級建築士事務所
夏の省エネ対策
省エネ?
今、家づくりを考えている方
お気軽にお電話でご連絡ください
059-392-7672 059-392-7672
受付時間:10:00~19:00
Check!
”夏の冷房”
目的と手段
Point
1

体温を下げる

夏の暑さ対策の根本。

Point
2

風に当たる

屋外に出て自然の風に当たったり、うちわ、扇風機で涼む。

Point
3

水を浴びる

海や川やプールで過ごす。

省エネ必須

自然との同調

  • REASON
    01

    外部環境の利用

    夏祭り

    日中降りそそいだ太陽エネルギーは夜間になると大気外に放出される。地面を太陽エネルギーを蓄えるコンクリートやアスファルトにすると、放熱が遅れて熱帯夜を助長する。なので地面は直射日光を蓄えない土や植物を多くして、放熱を自然に促すのが得策である。涼しくなった夜間に祭りなどを行うのは日本で恒例行事であるので、これからは先進的な意味でも保存、復活に地域では取り組んでもらいたい。

    3837162_m
  • REASON
    02

    建物、設備による対策

    工夫、節電

    ・海や川、緑や田のある所に建物を建てる

    ・庇や通風シャッター、簡易的な方法としては、しっかりとしたスダレや合成樹脂ではないタープなどで夏場の直射日光を防ぐ

    ・エアコンの更新、室外機を建物北側に配置することによる効率負荷軽減、建物の断熱性の向上

    ・涼しく見える自然素材を使い視覚的効果を得る

    953993_s
  • REASON
    03

    自然との同調

    太陽、風、潮流、樹木、地下水、種

    ・夏は太陽を防ぎ、冬は利用を促進する

    ・春、秋は外気を取り入れ快適に過ごす

    ・夏場はできるだけ風に当たる

    ・大きな話ではあるが地域での潮流(海流)による環境特質の利用促進、継続

    ・自然素材である木の利用促進

    ・地下水と外気との温度差を利用した温冷房を活用する

    ・種を土に植えて実を食べ、種を取り、また植えて といった循環利用

    2595273_s
お気軽にお電話でご連絡ください
059-392-7672 059-392-7672
受付時間:10:00~19:00
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事